健康・長生き

断食(ファスティング)とケトン体

最近、ダイエットでケトン体ダイエットとかいうものを見かけますが、一体ケトン体って何なんでしょうか?断食(ファスティング)の効果と一緒に見ていきましょう。

今までの常識では、脳の唯一のエネルギー源は「ブドウ糖」であると言われていました。確かに、脳はブドウ糖をエネルギー源として使います。しかし、ブドウ糖が ” 唯一 ” のエネルギー源だというのは間違いでした。

ブドウ糖だけでなく「ケトン体」が重要なエネルギーとして使われています。脳細胞はブドウ糖よりむしろケトン体を好んで使うという説もあります。正しい説かもしれません。

このケトン体という物質、糖質制限系の食事法でしばしば登場します。ケトン体とは一体どういうものなのでしょうか?

 


 

脂質由来のエネルギー「ケトン体」

ケトン体は、ひとことで言うと「脂質から作られるエネルギー源」です。食事に含まれる脂質や体内に蓄えられた中性脂肪を原料に肝臓で合成されています。

ケトン体が血液中に放出されると脳や筋肉に送られてエネルギー源として使われます。ですから、本来、糖質を食べなくても脂質を十分に食べていれば、脳や筋肉がエネルギー不足に陥ることはありません。ケトン体を使って問題なく活動できます。

 


 

ブドウ糖をエネルギー源とする細胞

実は、ブドウ糖を唯一のエネルギー源とする細胞もあります。例えば赤血球がそれに当たります。赤血球はブドウ糖がエネルギー源なのでケトン体は使えません。

一部そのような細胞があるため、血液中のブドウ糖は一定量に保たれています。但し、ブドウ糖は必要に応じて体内で合成できます。これを「糖新生」と呼んでいますが、糖新生はタンパク質や脂質から新しくブドウ糖を作り出す働きを言います。これは肝臓で行われています。

ですから、肝臓がしっかり働いている限り、必ずしも糖質を食べなくても大丈夫だと言えます。他にも、正常細胞ではありませんが「ガン細胞」 もブドウ糖しか利用できないようです。

これは、血糖値を頻繁に上げる食生活、つまり糖質中心の食事で考えられるリスクの一つだと言えます。ガン細胞が成長するためのブドウ糖は用意しなくていいと思います。

ケトン体はどうしたら増える

ケトン体は、飢餓状態で急激に増えると言われています。サーチュイン長寿遺伝子も飢餓状態で増えるといいますから、飢餓状態は悪い状態ではなさそうです。ですから、断食(ファスティング)はとても健康に良いことだと理解できます。

これは体内に蓄えていた脂肪を分解してケトン体を作り、エネルギーに変えている証拠です。人間はケトン体の他に、水、ビタミン、ミネラルがあれば100日くらいは生きられるようです。 体脂肪には、飢餓に備えてエネルギー源を蓄えておく意味があります。

らくだのコブも食べ物がない砂漠でも生きていけるように脂肪が蓄えられています。上手くできています。

糖質制限や断糖肉食では「脂質代謝を活性化する」・・・などとよく言われます。脂質代謝とは、ケトン体を使うエネルギーシステムのことです。

身体の基本的な仕組みとして、糖がある時は優先して糖を使います。しかし、糖質制限や断糖をすると糖の代わりに脂質が多く利用されるようになり、脂質代謝が活性化していきます。

恐らく、脂質代謝が活性化した状態は、人間の基本的な生理状態ではないかと思います。なぜなら、稲作を始める前の人間は穀物など糖質中心の食生活をしていなかったからです。脂質を50%くらい摂取していたといいます。

必然的にケトン体が主なエネルギー源となり、脂質代謝が活性化していたはずです。個人的には、脂質代謝が優勢だと心身ともに安定すると感じています。

断食(ファスティング)とケトン体

健康法として断食(ファスティング)を推奨されることがあります。効果の理由の一つには、意図的に飢餓状態を作ることで脂質代謝が優勢になり、ブドウ糖ではなくケトン体を使うモードに切り替わるからではないかと思います。

脂質代謝はエネルギー効率が高いため、安定的で、身体への負荷も少ない代謝回路です。この方が体の回復力は高まります。

良く考えると、この状態は完全な断食をしなくても作り出すことができます。 食事の中から、糖だけ断食すれば良い訳です。断糖肉食や厳しめの糖質制限では、他の栄養素を摂りながら糖だけ断食している訳です。

糖質を過剰摂取していると、どうしても『糖代謝』が優勢になりがちですから、糖質を控えることで脂質代謝が優勢になり、エネルギー効率が格段に高まります。日常的に糖質を控えることの価値は、主にその辺にあるようです。

但し、肉食に偏ると悪玉菌を増やすことにもなりますので、肉を食べる際は大量の野菜を一緒に摂取する必要があります。また、断食道場などで断食させながら黒糖を食べさせるところがありますがあまりお勧めできません。

断食(ファスティング)のメリット

断食することによって身体の中に溜まった毒素を排出(デトックス)することができます。人間は生きていく中で、「消化・吸収」「解毒・分解」「排泄」などの活動をしています。

断食をすると、一番エネルギーを消費する活動をする必要がなくなります。そのため、エネルギーを「脳・筋肉・免疫」などに集中できるため身体の中に溜まった悪いものをしっかりと出す力が高まり、結果的に「排泄」が進むことになります。

特に嬉しい効果としては頑固な宿便を出すことができたり、ニキビや吹き出物の解消効果も期待できます。

「身体の内側からキレイになる」という意味で断食はダイエットだけでなく美容にも効果が見込めます。

 

関連記事

  1. 健康・長生き

    むくみや便秘などで苦しんでいませんか?

    1日の家事や育児、仕事などで足が重く痛い、夜寝て起きても疲れが取れない…

  2. 健康・長生き

    氣(生命エネルギー)を高める生活

    「万病一元、血の汚れ」「仮病は水を疑え」「病は氣から」などの言葉があり…

  3. 健康・長生き

    チャクラに対応するエッセンシャルオイル

    チャクラは、サンスクリット語で円盤や車輪を意味する言葉です。ヒンドゥー…

  4. 健康・長生き

    ツルツル飲まずによくカメカメ

    「ツル(鶴)は千年、カメ(亀)は万年」という言葉がありますが、今回はカ…

  5. 健康・長生き

    癌患者にお勧めの有機ゲルマニウムドリンク

    ネクチュラには、47種類もの抗酸化物質(23種類の植物性栄養素・1…

  6. 健康・長生き

    健康管理の第一歩は「体温」の測定

    自分の「体重」に関心があっても自分の「体温」に関心のある女性は少ないか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クラブスパークル事業DCMビジネスとMLM・MLAとの違い
クラブスパークル事業DCMビジネスの起爆剤極秘プロジェクト

人気の仮想通貨取引所開設方法

  1. ブログ

    「心」と「未来」は何で作られる?
  2. 健康・長生き

    氣(生命エネルギー)を高める生活
  3. 健康・長生き

    癌患者にお勧めの有機ゲルマニウムドリンク
  4. 健康・長生き

    ツルツル飲まずによくカメカメ
  5. 健康・長生き

    Health(健康)からWell-being(ウェルビーイング)へ
PAGE TOP