ネットワークビジネスMLM

ネットワークビジネスMLM成功の方程式

イメージの悪いネットワークビジネスですが、成功できたら権利的収入うまくいけば不労所得まで手が届くかもしれない魅力あるビジネスモデルです。ネットワークビジネスの成功方程式であるMLM成功の8段階を見てみると・・・

①目標設定
②決意決断
③リストアップ
④招待
⑤事業説明
⑥フォローアップ
⑦相談
⑧複製

となっていますが、私は以前取り組んだネットワークビジネスをオフラインで展開していたため、古くからのこのやり方をみっちり仕込まれました。ハマって取り組むと別に苦痛ではありませんが、収入が取れない時期に会社に出勤するように教育センター通いするのは中々誰にでもできるものではありません。

一般的には、

③のリストアップからできません。イメージの悪いMLMを伝えられる友達がいません。
④セミナーへ誘うことも勿論できません。
⑤事業説明を聞きにいくのもみんな働いていて忙しいのでなかなか時間が取れません。
⑥フォローしてもらうにもやはりどこかで待ち合わせしなくてはいけません。
⑦③~⑥ができないので①と②ができないと紹介者に話したらMLMはやめたらと言われます。
⑧こんな私が原本なら、複製される仲間も同じように考える人ばかりだと思います。

ということで、オフラインのネットワークビジネスに1000年専念しても成功は難しいのですf(^^;


主婦が在宅でネットワークビジネスを成功させるためには、インターネットを活用しなければいけません。そして、ネットMLM成功の秘訣は、貴女が持っているリソース:資源(時間・お金・エネルギー)の投資先を集客サイトの中身を充実させることに使うことです。

また、ネットMLM成功のカギの1つに「サイト構築に掛ける情熱」があると思っています。最初の一人から資料請求が来るまで、ひたすらコンテンツを充実させていきます。記事を増やしていくということです。一人来たらあとは楽です。

ネットMLMにおけるサイト構築とは「MLMに感心のある人やネットワーカーのためになるサイトを作ること」です。「サイトをただ作る」ではなく「ネットMLMに感心のある人やネットワーカーのためになるサイトを作る」というところがポイントです。ただ単に「サイトを作るだけ」ならそれほど苦労しません。

しかし、「ネットMLMに感心のある人やネットワーカーのためになるサイトを作る」となると、ネット集客やサポート、また製品や会社、報酬プランの説明などいかに分かりやすく、お伝えできるか徹底的に考える必要があるので、産みの苦しみを伴います。

そして、この産みの苦しみと向き合ってリソース:資源(時間・お金・エネルギー)を投資しないとネットMLMで結果を出すことは難しいと今でも日々実感しています。

情熱で、とにかく必要としている方のためになるサイトを充実させていけば、徐々に道は拓けていきます。大切なのは、時間の捻出と集中だと思っています。限られている時間をいかに有効に活用できるのか?

サイト構築に使えない時間帯は「ネタ・アイディア」を作る時間です。そこで得た内容を帰宅後に集中して作り込みます。作り込む時間よりも、実はネタやアイディアを考えている時間が楽しい時間なのです。

入れること、もらうことよりも出すこと、与えることは幸せを感じます。ワクワクしながら、アイディアを浮かべて(出して)いきましょう!頭は使えば使うほど柔らかくなり、面白いアイディアが浮かんできます。

浮かんだアイディアを熟成させることが大切です。また、アイディアがなかなか浮かばないという人のために参考になる話をさせて頂くと、モデリングが時短のカギとなります。インターネットで検索されて自分がいいなと感じるサイトをチェックしながら、盗んでください。

先ほど話した、MLMを始める前に必ず読んでください、にも書きましたが、盗むとは文章を丸写しするのではなく、意図や真意を読み取ろうとすることで見えないものが見えてきますし、「自分ならここをもっと強調して説明するな」とかアイディアが必ず浮かんできます。

低級な芸術家は書き写すが、立派な芸術家は盗む(パブロ・ピカソ)

人のためになるサイトができ始めると自然に資料請求は増えてきます。時間は掛かりますが、結果的に収入は増えていきます。

それから、「本気でネットMLMで稼ぎたいと思っているなら、私以外のメルマガは全解除した方がいいです」などと野暮な話はいいません(笑)。目にするあらゆる情報源から大切なエキスを抜き取って貴女のサイトに植え付けてください。きっといい芽がでてくると思います。

ネットMLMで稼ぎたいなら「ネットMLMに感心のある人やネットワーカーのためになるサイトを作るだけ」。これだけでOKです。だから、リソース:資源(時間・お金・エネルギー)の投資先を見誤らないでください。

 

「情報」は、「空気」みたいなもので、入ったら大切な栄養素だけ摂って、あとは吐き出せばいいんです。勿論、過呼吸になってもいけないし、無呼吸になってもいけません。大切な酸素を上手に摂り入れるためには、よく吐き出すことです。ぜんそくなどは吐けない病気です。咳が出るのも悪いものを出そうという反応です。そういう時は、グーを作って親指と人差し指の円の部分で胸を叩いて悪いものを出すようにします。咳が出なくなるまで叩くのがいいです。これは気功法の一種です。寝る前にすると寝た後に出る咳が減ります。(話がずれました。)

だから、情報も出すことが大切です。情報自体に価値があるのではなく、貴女が感じたことや貴女の考え・感想を付加することで「付加価値」が生まれます。そこに情報発信の意義があります。

ネットワークビジネスで稼げない人は、ネットワークビジネスの成功方程式の①~⑧までできない状態ですから、ネットMLMで稼げる状態に変化するためには、①~⑧と真逆なことをすればよいと思います。

③のリストアップはしないで、ネット集客すればいいです。
④セミナーへ誘う必要もありません。
⑤事業説明もステップメールで少しずつ送ればいいです。
⑥フォローもWEBミーティングシステムを活用すればいいです。
⑦③~⑥ができるので①目標が明確になり、②決意・決断ができます。
⑧成功できる実力が少しずつ身についていくので、貴女から広がる仲間も同じようにできると考える人ばかり集まると思います。

ということで、「今までとは全く違った結果」を生むことができるようになります。今までと同じことをやっていては、今までと同じ結果しか出ません。「新しい自分になる」ということは、「やり方を変える」ということです。

ネットMLMのいいところは、ビジネス成功に必要なスキルも自然に身についていってしまうという点です。キーワード選定やサイト構築、あるいはビジネスマインドなど通常お金を出して学ぶことを無料で学んでいくことが可能なのです。だから、金持ち父さん貧乏父さんの著者であるロバート・キヨサキ氏はMLMをパーフェクトビジネスだと呼んだ訳です。

こんなにローリスクでハイリターンなビジネスは他にないと思っています。

私は、「頭を動かすこと」「心を動かすこと」「手を動かすこと」が大事だと思っています。以前取り組んだネットワークビジネス会社では、「冷静な頭」「熱い心」「まめな体」が大切だと教えられました。

「迷っている暇があったら、何でもいいから書いてみる」くらいのノリで記事投稿に情熱を燃やしてください。記事を書きながら、サイトを作りながら、方向性がはっきり見えてきたりしますので、初めから完璧な状態でスタートしようなどとはくれぐれも思わないでください。

まれに、お問い合わせで「高額塾に入ろうと思っているのですが、どう思いますか?」という連絡を頂きます。この手のお問い合わせには一切お返事しませんが、基本的に巷に溢れる高額塾は価格が高い割には価値があまりないと思っています。実際参加した経験がありますが、そうでした。

つまり、そんな時間とお金があるのなら、ネットMLMに取り組んで権利的収入のパイプラインという資産構築を早くしておく方が100倍いいと思います。

高額塾をやってノウハウを教えるということは、ライバルが増えるということです。ライバルが増えれば増えるほど、今までのように稼ぐことは難しくなります。なのに、なぜ高額塾でノウハウを公開するのでしょうか?それは、高額塾が単純に儲かるからです。自分がビジネスで稼ぐよりも塾をやった方が儲かるんです。

ところが、ネットMLMは実際やった人が儲かります。本当に儲かるから、やり方は無料で教えれるんです。そして、やり方を教えてもネットワークビジネスはWINWINの関係なので、お互いがプラスになるだけでライバルにはなりません。スポンサー(アップ)と貴女の関係は親と子のような関係であり、親は子の成長を心から望んでいますし、自分を超えることを望んでいます。

そもそも、ネットMLMというビジネスモデルは個人戦ではなく団体戦の競技と一緒です。一馬力ではなく多馬力や他馬力を作っていくものなので、スキルや知識を独り占めしていても意味がありません。だから、全てを出し切って貴女をサポートできるのです。お金を払ったら教えますではないのです。

ネットMLMは、マネーフローを構築していくための地道な努力をみんなで声掛けしながら一緒に積み上げていきましょう!というものです。直ぐに儲かるからいらっしゃいではありません。

ですから、根気が要ります。誠実でないとできません。それが、ネットMLMです。くだらないテレビを見ている暇があるなら、1つでも多くの記事をサイトにアップするべきです。

イチローがヒット数にこだわるように、最初は報酬よりもサイトの記事数にこだわるべきです。メジャーリーガーのイチローは打率にはこだわらず、ヒット数にこだわります。毎シーズン200本安打にこだわっています。毎月200記事とはいかないまでも30記事は死守したいものです。

打率のような上下するものにこだわるのではなく、ヒット数のような増える一方のものにフォーカスをしています。私も同じように資料請求率などにこだわらず、ここまで記事数にこだわってやってきました。とは言っても、まだまだですが(^^;

報酬は記事数が増えた結果です。ネットMLMは直ぐには結果が出ません。記事のアップに徹した結果、早くて3ヶ月後くらい、平均的には6ヶ月後くらいに報酬が数字として出てきます。

なので、最初の半年は報酬のような日々上下するものよりも、自分が蒔いた種である記事数にフォーカスして、ひたすらアップすべきだと思います。時間・お金・エネルギーの「投資」はサイト記事が増えることに集中する。とにかく、ネットMLMで稼ぎたいなら、記事数を増やさないといけません。

釣りと同じで、1本だけ釣り糸を垂らしている人と、50本100本と釣り糸を垂らしている人がいたら確率的に言って多い方が勝ちます。

「投資」という言葉は使い方によって色々な意味を帯びてきます。「自分への投資」「将来への投資」のつもりが、誰かが稼ぐためのエサになっている場合もあったりします。ある程度の予算があるなら、高額塾に資金投資するのではなく、ドメインやサーバー、記事作成サービス(外注先確保)、サイト作成ツールなどに投資した方が記事数が増えるので稼ぎに直結すると私は思っています。

そして、TwitterやfacebookなどのSNSで発信してくことで仲間が見つかっていきます。ネットMLMはチームで取り組むので孤独ではありません。しかし、取り組みは自分がしないといけないので、自分との戦いの側面もあるにはあります。が、それも上述したように楽しく取り組むことも可能なのです。努力というと何だか苦しいものを耐えて頑張るみたいな感じがしますが、本当は自分が努力している感じがなく楽しくて楽しくてしようがないという気持ちまで到達すると自分との闘いではなく、幸せな時間でしかありません。

1日1記事書かなければならないと思うと苦痛ですが、今日はどんな記事を書いて人の役に立とうかなと考えると楽しくなります。例えそれが幼稚で言葉足らずだったとしても、それを必要としてくださる1人がいらっしゃれば、その記事の存在価値がある訳ですから・・・。大勢を感動させる必要なんて更々ない訳です。気軽に取り組みましょう。

セレンディピティエンジンを活用して、早く仲間を増やしていってください。

 

関連記事

  1. ネットワークビジネスMLM

    ネットMLM成功の壁を克服する秘訣とは?

    一般のサラリーマンが独立開業して成功するためには、資本の壁や経験の壁や…

  2. ネットワークビジネスMLM

    MLM業界を変えようとする3つの挑戦

    ①教科書通りのMLM、②ネット展開のMLM、③MLMの枠を超えるという…

  3. ネットワークビジネスMLM

    ネットワークビジネスMLMの真実とMLAの可能性

    以前、経験したことのあるネットワークビジネスMLM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クラブスパークル事業DCMビジネスとMLM・MLAとの違い
クラブスパークル事業DCMビジネスの起爆剤極秘プロジェクト

人気の仮想通貨取引所開設方法

  1. ブログ

    「心」と「未来」は何で作られる?
  2. ブログ

    自宅で簡単、美味しい豆乳ヨーグルトの作り方
  3. ネットワークビジネスMLM

    アメリカの医療文献サイトPubMedに論文掲載、客観的評価の機能性食品(サプリメ…
  4. 健康・長生き

    ツルツル飲まずによくカメカメ
  5. ブログ

    人体の捉え方が変われば人生観も変わる!
PAGE TOP