ネットワークビジネスMLM

MLM業界を変えようとする3つの挑戦

①教科書通りのMLM、②ネット展開のMLM、③MLMの枠を超えるという、ネットワークビジネス業界変革のための3つの挑戦についてお話します。

まず最初にお話するのが、ネットワークビジネス業界の伸び悩む時期に一石を投じたのが、韓国のネットワークビジネス業界のレジェンドであるパク・ハンギル氏です。

彼が率いるアトミでは最高水準の品質を最安値で提供する大衆名品(マステージ)戦略で、米国のウォルマートに立ち向かおうとしました。

「いいものを安く」を合言葉に安心して安全な製品が購入できるインターネットショッピングモールを実現させながらネットワークビジネスの基準(中心企業)になることを目指しました。

パク・ハンギル氏が敬虔なクリスチャンであることから、霊魂(人)を大切にすることや社会に貢献することなどを行動理念に掲げており、自ら率先して社会貢献している言行一致の素晴らしい人物です。

パク・ハンギル氏はビジネスセミナーの席で宗教の話をしながら伝道目的でアトミをしていると語っていますが、実は根っからの商売人で人を釣るのが本当に上手です。韓国屈指のセールスマンだと思います。

アトミの教育係りにはパク・ハンギル氏の奥様のお兄さんである、元士官学校の教授を務めたイ・ソンヨン博士が担当し、代表事業者(会社直のリーダー)には、パク・ハンギル氏の恩師のユン・ヨンソン博士が担当しています。

ネットワークビジネスが実は教育ビジネスだということを熟知しているパク・ハンギル氏だからこそ成せた、万全の布陣だと思いました。

セミナーもチーム独自(派閥)の教育を好まず、ライン(系列)を超え、会社側が直接全体を主管することで、セミナーの質を常に維持しようとしているところは、会長自らがスポンサーでありリーダーであるという信頼と信用を生み出しています。

毎月ある定期大集会(サクセスアカデミー)では、老体にむち打ちながら、時には血を吐きながらも午前0時過ぎまで熱弁する姿には感動する以外ありません。


しかし、代表事業者(博士)がセミナー中に日本人を揶揄したり、教育担当の博士が日本人を皮肉ったりする場面は、グローバル企業には相応しくない言動だと思いました。これを知っている日本人メンバーは少ないと思います。

本当に素晴らしいパク・ハンギル氏あっての企業なのですが、なかなか日本では拡大していません。ネックはやはり韓国企業だという点に尽きると思います。

崇高な理念と行動力で躍進するアトミは日本を除く東南アジアを中心に広がっています。韓国内ではアムウェイを既に抜く売上を誇り、アトミが韓国内で外貨を集める優良な例であると評価されています。

アトミがネットワークビジネスの新しい基準だと豪語する理由も分かります。それくらい官民一体となってネットワークビジネスMLMを進めながら、実績を立てて来ました。今後の更なる発展を期待したいと思います。

次にお話するのが、ネット展開のMLMです。これは企業側の試みではなく、会員側の試みです。10数年前から取り組まれていたインターネットを活用したネットワークビジネスですが、一昨年くらい前からネットスキルのある人たちが参入しながら、参加者が急増している様に感じられます。

ネット展開するネットワークビジネスの種類が少し増えたことで、選択の幅も広がるため今後更に伸びて行くと思われます。今後はインターネット展開しないネットワークビジネスは伸び悩み、縮小していくと考えられます。

会社とチーム選びさえ間違えなければ、時間の差はあれ成功に必要なスキルや知識が身に付き、結果的に権利的収入のパイプラインが構築できるだけでなく、価値観の似た仲間やゆとりある時間、そしてコツコツと作り上げたブログやホームページなど全て資産として形成されていきます。

しっかりしたチームに所属しながら、急がば回れの精神で実力をつけて行くことは非常に大事なことだと思います。

そして、最後にお話するのが、MLMの枠を超えるという挑戦の話です。理想を追い求める夢追い人にはたまらないビジネスモデルかも知れません。

世界のネットワークビジネス業界の三大レジェンドの一人にアンソニー・ディアズ氏という俳優のような美男がいます。彼を見ていると、ネットワークビジネスの成功にはルックスが大切なのかなと思わされるほど完璧な容姿ですf(^^;

彼が率いるのはゼンザという企業ですが、彼は自身の集大成のビジネスとして、スパークル社を立ち上げ、新しいビジネスモデルであるダイレクトコネクトマーケティングDCMを提唱しました。

余りにもプロジェクトが壮大過ぎて、展開がスローな点が玉に瑕ですが、水面下で着々と進んでいるという情報を入手しました。今後の展開に期待しています。

どのやり方がネットワークビジネス業界に風穴を開け新たな旋風を引き起こすのかはまだ分かりませんが、共通して言えることは「取り組む私たちの下準備が大切だ」という点です。

最近流行しているネットビジネスは、簡単に、誰でも、ワンクリックで・・・というような物ばかりで、特に仮想通貨のプレセールへの投資(ICO)案件は雨後の筍のように出てきています。

時代の流れからして、お金のデジタル化、お金の民営化は必然であり、そこにビジネスチャンスがあるのは間違いないと思われますが、自分の許容範囲(キャバ)を超えてしまうと資産を目減りさせてしまう可能性がありますので注意が必要です。

だからと言って、時代が目まぐるしく進化、新化、深化、真化している状況の中で、過去の成功体験から脱却できない頭の固い人たちは時代変化に伴う一生に一度あるかないかというビックチャンスを失う可能性があるというのもまた事実です。

やはり、攻守のバランスの取れた資金管理が大切であり、常にアンテナを高く立てリスクヘッジ(危機回避)を意識した「分散投資」のスタンスが一番賢明だと思っています。

ビジネスに100%はありません。妄信したり盲信したりすると宗教と一緒で危険です。信じていた後に裏切られたりするとショックが大きくなりますので注意が必要です。駄目なら勉強代と割り切れる心の準備も必要です。

とは言え、ビジネス成功のために最善の努力を傾けるのは当然必要なことだと思います。「自己努力で成功できるものなのか、できないことにしがみついているのか」の判断が最も大切です。

 

関連記事

  1. ネットワークビジネスMLM

    ネットワークビジネスMLMの真実とMLAの可能性

    以前、経験したことのあるネットワークビジネスMLM…

  2. ネットワークビジネスMLM

    ネットMLM成功の壁を克服する秘訣とは?

    一般のサラリーマンが独立開業して成功するためには、資本の壁や経験の壁や…

  3. ネットワークビジネスMLM

    ネットワークビジネスMLM成功の方程式

    イメージの悪いネットワークビジネスですが、成功できたら権利的収入うまく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

クラブスパークル事業DCMビジネスとMLM・MLAとの違い
クラブスパークル事業DCMビジネスの起爆剤極秘プロジェクト

人気の仮想通貨取引所開設方法

  1. 美容・若返り

    心身のアンチエイジングと新たな挑戦!
  2. 健康・長生き

    40代から始める「若返りダイエット法」とは?
  3. 健康・長生き

    健康管理の第一歩は「体温」の測定
  4. ブログ

    「心」と「未来」は何で作られる?
  5. 健康・長生き

    氣(生命エネルギー)を高める生活
PAGE TOP