健康・長生き

自分で簡単にできる心身のデトックス法

東洋医学には健康管理をするには、「出してから入れる」という考え方があります。呼吸の「吐納」もそうですし、施術でも先に「寫」の施術をして邪氣を出し、「補」の施術で良い氣を補うのもそのためです。

エレベーターも人が出ないと入ることもできません。「出してから入れる」のは宇宙のルールだと見て取れます。

「毛管運動」と「デトックス」

東洋医学的な観点での健康管理では、「氣」「血」「水(津液)」の量と流れを整えることで、あらゆる体の不調が改善し、健康の維持増進が図れると説きます。

ですから、「氣毒」「血毒」「水毒」を体外に排泄するデトックス(毒出し)が大切であることが理解できます。

西洋医学的な視点まで連結させるならば、「血液」「リンパ液」「脳脊髄液」などの体液循環を促進して体の隅々の細胞に栄養と酸素が充分に届けられ細胞が活性化することで健康になれると理解できます。


西式健康法では、健康対策は「血液循環と毛細管対策」がすべてだと教えてくれています。そのカギを握っているのが、「グローミューとルージェ氏細胞」です。

グローミューを知らずして血液循環を論じ、グローミューを知らずして病気を治すとか健康を保たしめると説くなかれ、これくらい危険なことはない。」

(1948年アメリカ:シムキン博士等3人の共同研究著書:「腎臓と肝臓の静脈瘤の吻合」研究書による)

「毛細血管」の健康が健康維持の全て

血液が全身隈なく公平に循環していたら病気になることはありませんし、疲れも一晩で回復します。細胞は常に呼吸しています。

血管を通って送られてくる酸素と栄養を吸収して、老廃物を排泄しています。この大切な働きが、年齢を重ねると円滑にいかなくなります。血管に老廃物が溜まったり、血液に粘りが出たりして血管が詰まってくるのです。

病氣、成人病の根源は「血管のつまり」と「血行不良」が細胞を窒息させます。細胞が窒息すると健康は確実に維持できなくなります。血液は全身を隈なく公平に循環していると考えていますが、決してそうではありません。

玄米からビタミン・ミネラルなどの栄養分をはぎ取った「白米」、農薬散布して育てた「きれいな野菜」、悪玉菌を増やす「様々な肉料理」、質の悪い「脂肪を多く含んだ食品」、甘い麻薬である砂糖を含んだ「甘菓子類とジュース類」、食品添加物を大量に含んだ「インスタント食品・ファストフード」など、そして運動不足の現代人。

バランスの壊れた食生活と運動不足などによって血管が詰まり、血行不良となって隈なく平等に循環しているはずの血液が「滞留血」となって決定的に病気を発症させます。

食生活と生活習慣の誤りが「滞留血」を防止する大切な「グローミューとルージェ氏細胞」を退化、喪失させてしまっています。


成人病、慢性病、各種疾病には宿命的に、於血と言われる滞留した血液いわゆる「滞留血」が存在しています。

滞留血液は、細胞との接点にある毛細血管の血液が滞留している訳ですから、血液が濁り、酸素が欠乏します。従って、そこには毒素や細菌やウイルスが繁殖します。

この滞留血を解消しない限り、どんな素晴らしい医療法や漢方、健康食品、各種療法を用いても残念ながら治療に限界が生じます。」(機能性疾病要因対策研究会)

万病の元は「猛毒活性酸素」別名「フリーラジカル」

この活性酸素が万病の元であるということは、東洋医学界においても西洋医学界においても、常に常識として公然と認知されています。

どんなに素晴らしい医薬品や漢方、マッサージを施しても今一つ効果が得られないと悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

病気は勿論、膝関節痛や肩こりを含め、全ての体調不良の根本的に共通する問題点は「細胞」と「末梢毛細血管」の接点の「滞留血液」に大きな原因があります。

「滞留血」は万病の元となる「活性酸素」を発生させますから、健全な細胞や組織を次から次へと破壊していきます。そして、「酸素欠乏」から「痛み」や「炎症」という苦痛を生み出します。

食事、水、空気という生命に関わる三大要素の中で、空気即ち酸素が欠乏すると僅か数分間で命を失います。

体内で酸素が欠乏すると「痛み、しびれ、痒み、炎症、むくみ、腫物、硬直、痙攣、疲労、もうろう、不整脈、動悸、ひきつけ、悪寒など」が起こってしまいます。

細胞への酸素の取入れと老廃物の円滑な排泄が健康維持と生命維持の条件となります。現代社会では普通に生活していたのでは健康維持は難しくなってきました。

「氣功瞑想」と「毛管運動」

気功瞑想中には、色々な映像がよく見えます。脳脊髄液がスムースに流れている健康人が深い瞑想状態に入ると顕著に現れます。

瞑想中に見える映像は様々ですが、宇宙や宇宙意識を感じたり、命の尊厳さ、自然への畏敬の念、人生の醍醐味を感じたりします。(下図は私が瞑想中に実際に見えた映像の一部をイメージ図化したものです。)

発光する氣を感じながら瞑想をしますので1~2時間はあっという間に過ぎていきます。心にゆとりが生じ、人生が更に豊かに感じられます。無駄な雑念を払うのにとても有効的な氣功瞑想を実践されることをお勧めします。

毛管運動(ゴキブリ体操)を行っている時間は、まるで氣功瞑想をしている時のような感覚を得ます。発光する氣が爆発的に多くなり、体内の活性酸素が抜けて疲れが取れていく感覚があります。

これは、活性水素水を飲んで体が軽くなった感覚にも似ています。

 

関連記事

  1. 健康・長生き

    「好転反応」決して怖くない健康への関門

    今回は「好転反応」についてお話します。マッサージの強もみで生じた揉み返…

  2. 健康・長生き

    なぜ、「癒しサロン」にハマるのか?

    「資産構築企画」に参戦しているのもあって、固まった頭を毎晩無理矢理動か…

  3. 健康・長生き

    40代から始める「若返りダイエット法」とは?

    実際に私が行った簡単ダイエットでは2か月実践で体内年齢が18歳若返りま…

  4. ブログ

    自宅で簡単、美味しい豆乳ヨーグルトの作り方

    健康屋さんの間では常識となっている「牛乳はモー止めよう」という考えから…

  5. 健康・長生き

    食品添加物の恐怖、デトックスの必要性

    私たちが毎日食べている食品には、様々な食品添加物が含まれています。貴女…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クラブスパークル事業DCMビジネスとMLM・MLAとの違い
クラブスパークル事業DCMビジネスの起爆剤極秘プロジェクト

人気の仮想通貨取引所開設方法

  1. 未分類

    成功するために必要なリソースの使い方
  2. ブログ

    「人間の二極化」と「均衡・調和・循環」
  3. 健康・長生き

    Health(健康)からWell-being(ウェルビーイング)へ
  4. 健康・長生き

    備えあれば憂いなし、準備しない者は・・・
  5. 健康・長生き

    脳の若返りとコーヒー効果の持続時間
PAGE TOP